PAULA CASTIGNOLA / UN CIELO DE SERENATA


paula-castignola今春、『タンゴ・オリジン2014』に出演のために来日もしたアルゼンチン・タンゴの若手女性歌手、パウラ・カスティニョーラのファースト・アルバム。
パウラは、最初はイタリア移民の両親の影響でイタリア歌曲のシンガーとしてその才能を開花させました。2005年にはイタリアの世界歌謡祭“サンレモ歌謡フェス”に出場、ファイナリストに選出されてもいます。その後タンゴに惹かれ、タンゴ歌手としても本格的に活動を開始。“キルメス・タンゴ・フェス2010”では、詩人オラシオ・フェレールと共演し喝采を浴びました。
本アルバムは、バンドネオン奏者、アレンジャー、また伝説のグループ “キンテート・レアル” の現メンバーとして人気の高いカルロス・コラーレスを音楽監督に迎え、さらにパブロ・アグリ、クリスティアン・サラテなどの現代タンゴシーンをリードする蒼々たる音楽家たちが参加しています。
(以上、サプライヤーインフォより)

曲目表:
1. セレナーデな空模様 Un cielo de serenata (Eladia Blazquez)
2. 青い独楽  El trompo azul (Hector Stamponi – Catulo Castillo)
3. タンゴの下町 Barrio de tango (Anibal Troilo Homero Manzi)
4. マドレセルバ(すいかづら) Madreselva (Francisco Canaro Luis Cesar Amadori)
5. 孤独 Soledad (Carlos Gardel Alfredo Le Pera)
6. 不条理なこと Absurdo (Virgilio Exposito Homero Exposito)
7. ゴッドファーザー~愛のテーマ Brucia la terra (Nino Rota – Giuseppe Rinaldi)
8. 私の愛するバンドネオン Mi loco bandoneon (Astor Piazzolla – Horacio Ferrer)
9. ブエノスアイレスのクリスマス Navidad Portena (Paula y Gustavo Castignola)
10. 小さなラッパ Cornetin (Pedro Maffia Catulo Castillo Homero Manzi)
11. 白い衣服 Ropa blanca (Alfredo Malerba Homero Manzi)
12. 都市周辺のミロンガ  Milonga del conurbano (Gustavo Castignola)

メンバー:
カルロス・コラーレス(バンドネオン) Bandoneon: Carlos Corrales
クリステァン・サラテ(ピアノ) Piano: Cristian Zarate
フアン・パブロ・ナバロ(ベース) Contrabajo y bajo electrico: Juan Pablo Navarro
パブロ・アグリ(第1バイオリン、ストリングス指揮) 1er Violin y direccion de cuerdas: Pablo Agri
ラウル・ディ・レンソ(第2バイオリン) 2do Violin: Raul Di Renzo
ベンハミン・ブル(ビオラ) Viola: Benjamin Bru
ディエゴ・サンチェス(チェロ) Violoncello: Diego Sanchez
リカルド・ルー(ギター) Guitarra: Ricardo Lew
エルナン・コラーレス(ドラムス) Bateria: Hernan Corrales
パウラ・カスティニョーラ(ボーカル) Voz: Paula Castignola

go top