LOS ARMONICOS DE FELIPE DULZAIDES / CANTA, DORIS DE LA TORRE


armonicos2フィーリンを代表する女性歌手ドリス・レ・ラ・トーレが、キューバ音楽に早くからジャズを持ち込んだフェリーペ・ドゥルサイーデスのバンド、ロス・アルモニコスで歌ったアルバムのストレート・リイシューCD-R。
ジャジーかつアダルトな魅惑的歌声でフィーリン=ボレロを聴かせるキューバ人女性歌手、ドリス・デ・ラ・トーレは、このフェリペ・ドゥルサイデスのロス・アルモニコスで活躍した後、ソロとなりほどなくして米国に移ったという経歴の持ち主。『フィーリンの女王』という異名もあるようで、オマーラやエレーナよりもジャズ的な側面がより強調されたアダルトな歌唱が魅力です。数曲のインストを除いて、彼女の歌が十二分に楽しめます。フェリーペ・ドゥルサイーデの演奏も、パーカッシヴ且つジャジーで、革命前のハバナの夜を思い起こさせてくれるサウンドを聞かせます。ドリス・レ・ラ・トーレの関係アルバムの中でも一二を争ういいアルバムではないでしょうか。
残念ながら、4曲に一部ヴォーカルの高音が割れたようなノイズが入っていますので、安価にて提供いたします。音質が理由の返品はご容赦願います。
(以上、サプライヤーインフォより)

go top