LORNA ANDERSSON / REMEMBERS THE ACCORDION’S GOLDEN AGE


1908年に北米に上陸したというアコーディオンのゴールデン・エイジ(ロックンロール前夜まで)を、元ミス・カリフォルニアのアコーディオン奏者、ローナ・アンダーソンが奏でます。欲のない素直なテクニカルさ、というか、個性的であろうなんて、微塵も感じさせない演奏が実に爽やかですなあ…。

1. Pietro’s Return
2. Dill Pickles
3. Bamba Samba
4. Dance Of The Comedians
5. Red Raven Polka
6. Tea For Two
7. 12th Street Rag
8. Canadian Capers
9. The Gay Picador
10. Dark Eyes
11. Dizzy Fingers
12. Champagne Polka
13. The Accordionist
14. Skating Waltz In Swing
15. Accordion Polka
16. The Jolly Caballero
17. Dark Eyes

go top