KEL ASSOUF / TIKOUNEN


KEL-ASSOUF-TIKOUNEN★ケル・アスーフ/奇妙な世界〜
砂漠のブルースから格段に進化した〈砂漠のヘヴィ・ロック〉に注目されたし! 

新しい才能が次々と登場する砂漠のブルースのシーンの中で、現在最も注目を集めているのがこのケル・アスーフだ。ベルギーのブリュッセルへ亡命したトゥアレグ人ギタリスト/歌手アナナ・アルーナを中心に2006年に結成。トゥアレグの文化の伝播、そしてその差別に対する反抗を掲げ、トゥアレグの伝統音楽をベースにした独自のアレンジを、他人種のメンバーを交えて聴かせるというコンセプトだ。チュニジア人音楽家ソフィアン・ベン・ユセーフがプロデュースを担当した本作では、ヘヴィなロック・サウンドを大胆に取り入れたアレンジが特徴。これまで紹介してきた砂漠のブルースの中でもっともサウンドにエッジが効いている。もしツェッペリンが砂漠のブルースを演奏したら、こんな感じになったのかもしれない。 (メーカーインフォより)

1. アヒレ・ラマ
2. 奇妙な世界
3. おまえの郷愁
4. アイデンティティ
5. 確実に
6. ヨーロッパ
7. ライラ
8. レヒイェット
9. 人々
10. お前の愛
11. 花束
12. アザワド

go top