JACQUES DANICA / KADRI GWADLOUP 2


カリブ海の島グアドループの現代のフォーク・ルーツの名手、ジャック・ダニカによるアンサンブルの演奏集。彼が引くアコーディオンに、タンブールというタイコやトライアングル、シェイカーなどのパーカッション・アンサンブル、ヴァイオリンを含む弦楽器が絡み、のどかなサウンドを発します。演奏する音楽は、フランスの海外県らしくカドリル(島ことばでは「カドリー」と言います)という、フランスの宮廷ダンスのカドリルと英国フォークダンスと、アフリカのパーカッションがごっちゃになって19世紀から民衆の間で踊られているダンス音楽。ヨーロッパのフォークダンスがアフリカのリズム強化された、まさにクレオールなカリブ音楽です。しかしこのタイトだがゆる~いノリは、メントやカリプソなどにも通じる気持ちよさです。(サプライヤーインフォより)

1 Kann Tizann (Valse)
2 Cherdlinn (Biguine)
3 Zyé A Krab (Première Figure, Pantalon)
Guest, Accordion [Accordéoniste Invité] – Judes Samar
4 Kann Sikdoj (Deuxième Figure, L’Été)
5 Jounoukasé (Troisième Figure, La Poule)
6 Sakitaw Sé Taw = Ce Qui T’appartient, T’appartient (Quatrième Figure, Pastorel)
7 Kann Kongo (Biguine)
8 Baltazia (Méringué)
9 On Fwa, On Fwa – Impromtu (Biguine)

Accordéon – Jacques Danican
Bass Guitar – Judes Samar
Chacha – Patrice Vincent
Commandeur – Joseph Deloumeau
Drum (Siyak) – Jean-Pierre Bores
Tambou-Bass – Gustave Kancel
Guitae Rythmique – Pierre Dando
Triangle – Magloire Kancel
Violon – Lucien Sidambarom

Arrangement, Mixage – Jacques Danican, Olivier Mathurin
Auteur-compositeur – Jacques Danican (tracks: 1, 2, 4 to 6), Judes Samar (tracks: 3, 7), Lucien Sidambarom (tracks: 9)

go top