GIOTA VEI / IONIA


出身は中央ギリシャの都市、ラミアに近い村、プラティストモ、初めは土地の民謡を祖母から習い憶えたそう。17歳からアテネ在住、ギリシャ各地の民謡に興味を持ち続け、エスノロジーを学び、現在では600曲の民謡を習得しているそう。レコード・デビューは1982年、こちらは、1996年作の復刻CD。“イオニア” というタイトルどおり、イオニア海の島々の歌、あるいは、ピレウスなどの民謡を歌ったアルバムかと。枯れた潤い?とでも言えそうな、民謡的な歌い口を全編で聞かせます。バックも伝統的な演奏でありながら、弦や笛の交わり中に微妙に宿る野趣が聞きどころでしょうか。

1 Μανάκι μου
2 Γκελ γκελ (Κίνησα να έρθω το βράδι)
3 Σαν τα μάρμαρα της Πόλης
4 Κατιφές
5 Πέργαμος
6 Παραμάνα, Κούνα κούνα (Μπουφετζής)
7 Έλα, φως μου
8 Θα σπάσω κούπες
9 Από τα γλυκά σου μάτια
10 Η θάλασσα
11 Μήλο μου και μανταρίνι
12 Μ’ έχεις μαγεμένο
13 Γαλατά μανές (Όσο τραβιέμαι απ’ τη φωτιά)

Arranger, Conductor, Oud, Kanun, Tambura – Antónis Apérgis
Clarinet – Mános Achalinotópoulos
Ney – Antónis Apérgis , Chrístos Tsiamoúlis
Percussion – Vangélis Karýpis, Amín Ala Nkampoú, Antónis Apérgis
Tambura – Chrístos Tsiamoúlis
Tambura – Periklís Papapetrópoulos
Violin – Kyriákos Nkouvéntas

go top