DANIEL FORESTAL / STORY, la magnifique


ダニエル・フォレステル(1933−2016)、グァドループの作曲家であり詩人、文学教師そして歌い手、その1970年のファースト・アルバムはカリビアン・ファンクにて、常時300ドル以上の人気盤ですが、それはともかく、本領は(文学のことはさておき)、島の生活を歌った、ちょっとヒネリのある独特なビギン、マズルカ、グォカ、ベレといった〜60年代の数多いシングル録音だったと思います。
本作は、旧交を温めるようにして、アンリ・デブスの制作で、フォレステルの歌の世界を振り返った2001年作。デビュー曲であり、今もってグアドループのエヴェーグリーン・ナンバーの一つ、“Prière de l’Esclave (奴隷の祈り)  1958” はじめ、フォレステルの過去作品を、ゆったりとしたズーク調のバックにおいて、セルフ・カヴァーした作。

1 En ka senti en ka houmba  4:12
2 Berceuse et pliant 3:19
3 Ce yo meinme 4:32
4 La prière de l’esclave 3:59
5 Pas verbalisez moin 4:21
6 Coq a ki moune ki pondeze la 4:33
7 Guadeloupe aimée 3:10
8 Caton 3:19
9 Oh je t’en prie reviens 3:47
10 Lagé lagé mwen 5:01
11 Ban moin on favè 3:37
12 À mon pays 3:49
13 Mets du sucre dans mon café 4:58
14 Héloïse oh 3:43
15 J’ai mal 3:32
16 Bambou banane et doudou 4:54

go top