CUARTETO LAS D’AIDA Y SU GRUPO


daida1unikoオマーラ・ポルトゥオンド、エレーナ・ブルケという、現代のキューバを代表する大女性歌手が若き日に参加していた4人組コーラス・グループ、ラス・デ・アイダの82年作。この時期は旧メンバーは残っていなくて、テレサ・ガルシア・カトゥルラがリード・ボーカルを取ってます。たぶん当時行っていたナイト・クラブでの仕事のレパートリーを録音したのではないかと推測できる内容。1、2曲目のメドレー・ナンバーから聴衆をグイグイ引き込みます。アフロ、ボレロ、ソン、サルサ全ての要素がてんこ盛りでぜんぜん飽きないです。リカルド・ペレス、アマディート・バルデス、アグアヘ・ラモスなどの演奏のレベルも高く、間違いなくテレサ在籍中の最良の瞬間を捉えた作品です。特筆すべきは歌物におけるアフロのアレンジで、全てのサルサ・バンドが参考にできるアイデアが詰まっていると思います。なおCDRで原盤に起因するノイズが少々あります。

go top