CUARTETO LAS D’AIDA Y SU GRUPO / SOY LA MULATA


daida2unikoオマーラ・ポルトゥオンド、エレーナ・ブルケという、現代のキューバを代表する大女性歌手が若き日に参加していた4人組コーラス・グループ、ラス・デ・アイダの92年作。この時期は旧メンバーは残っていなくて、テレサ・ガルシア・カトゥルラがリード・ボーカルを取ってます。コーラス・グループのアルバムではありますが、タタ・グイネス、リカルド・レオン、リチャード・エグエスの演奏がふんだん聴けるジャム・セッションも収録された異色作でもあります。レパートリーはチャ・チャ・チャの名曲からフィーリン、ヌエバ・トローバと幅広いです。やっぱり女性ボーカルのコーラスは清々しいですね、モントゥーノで一緒にハモりたくなってしまいます。なおこの盤はCDRで原盤に起因するノイズが若干ありますので、予めご了承ください。

go top