CABADZI / DES ANGLES ET DES EPINES


CABADZIラップやスラムがスタイリッシュに文学的だったり、アグレッシブにメッセージだらけだったり、猥雑下品だったりという時期を経て、高校生が何の衒いもない友だち言葉でその苦悩や悲しみや怒りを言っているような「おまえ何やってんだよぉ、おまえも俺も同じじゃないか、起き上がってこっちへ来いよ」みたいなライムとストーリー性のあるヴィデオで圧倒的な人気を得たのが FAUVE≠です。そこからこういう直接的で平易な(傷ついた)青春ライムのムーヴメントが起こり、FOU ! CHATTERTTON, GRAND BLANC などが続きます。このカバジもその流れのひとつでこれが2枚目のアルバムです。その語り口から喚起する音楽はおそらくニック・ケイヴやジェームス・ブレイクと同じ黒い憂愁だったり(誉めすぎか)。22 枚のカード(歌詞、写真、サープライズ…)入り限定CD BOX!
(サプライヤーインフォ)

1.FEROCES INTIMES / 2. LE BRUIT DES PORTES / 3. CENT FOIS / 4. NOUS SOMMES DEUX FEMMES / 5. MON AMI / 6. PLUS SOMBRE / 7. CANCRE ULTIME / 8. L’ODEUR / 9. MESSE NOIRE / 10. D’EN HAUT LA VILLE EST BELLE EN BANS / 11. S’AIMER VITE (BONUS TRACK)

go top