AZUCAR NEGRA / SOMOS AZUCAR


ティンバ~キューバン・サルサの重要人物の1人レオネル・リモンタ率いるアスーカル・ネグラの2019年作です。ティンバの雄バンボレオに結成当時から参加し、ハイラのテーマソングとのいえる名曲「私は誰のまねもしない(Yo no me parezco a nadie)」を作曲。その後そのハイラと共にアスーカル・ネグラを結成しました。ハイラがソロ活動の増加で脱退し、その後タニアなど男声混成のフロント・ヴォーカリストを配してきましたが、本作は男性歌手のみの3人をフロントにすえています。
1997年結成なので、すでに20年を超えるキャリアとなっていますが、サウンドの強度やリズムのうねりに衰えなし。汎カリブ指向をうかがわせる曲調や、軽快なサルサ・チューンも仕込んでいます。レパートリーはいずれもオリジナル(レオネル・リモンタ作10曲+レイニエル・ロハス作2曲)で、9曲目はハバナ市建設500周年に捧げたナンバー。ゲストにはオサイン・デル・モンテのルベン・ブルネス、トランペットのアレクサンデル・アブレウらが参加しています。
本作はCD-Rでの流通品となりますが、音質は良好です。(サプライヤーインフォより)

1. Somos Azúcar
2. Métele Con To’
3. A La Parrilla
4. El Evento
5. Ninguna Como Tú
6. No Soy Lo Que Tú Piensas
7. El Pupú
8. La Que Me Importa Eres Tú
9. Andamos A 500
10. De Lunes A Lunes
11. Me Gustas Tú
12. Por Qué Me Miras Así

go top