APOSTOLOS NIKOLAIDIS / STON ADI ADAMOSANE


Originally released in 1977

アポストロス・ニコライディス1977年の4作目、表題曲は「彼らは地獄で出会う」といった意味でしょう(ちなみに2曲めは「甘いハシシ」)、そのイラスト・ジャケの通り、レベーティスの面々が地獄でまた相まみえて歌っている、と、そんなアルバム・コンセプトでなんでしょうか? ( )内が元歌の主もしくは作曲家、年号は最初に録音された年です。ディミトリス・ゴゴス、ステラキス・ペルピニアディス、そしてマルコス・ヴァンヴァカリス、ヤニス・パパイオアーヌ、マリカ・パパギアの曲を、新曲も交えアポストロスが歌い綴ります。

1 Στον Άδη Ανταμώσανε (PETROS HALARIS& GIORGOS MAMOS) 1935
2 Πάντα Με Γλυκό Χασίσι (DIMITRIS NKONKOS) 1935
3 Χθες Το Βράδυ Στον Τεκέ (STELLAKIS PERPINIADIS) 1934
4 Μάνα Μου Με Σκοτώσανε (MARKOS VAMVAKARIS) 1937
5 Τα Καρπούζια (APOSTOLOS NIKOLAIDIS)
6 Όταν Πίνω Τουμπεκάκι (MARKOS VAMVAKARIS) 1932
7 Για Πρόσεξε Με Βλάμισσα (YIANNIS PAPAIOANNOU) 1947
8 Χαρμάνης Είμαι Απ’ Το Πρωΐ (MARKOS VAMVAKARIS) 1933
9 Η Λαδιά (APOSTOLOS NIKOLAIDIS)
10 Στη Φυλακή (MARIKA PAPAGIKA)1933
11 Το 13 Το Κελλί (GIÓRGOS LÁFKAS, APOSTOLOS NIKOLAIDIS)
12 Μωρή Για Το Γινάτι Σου(APOSTOLOS NIKOLAIDIS)

go top