ANNA LUA / SOLA


スペイン・カタルーニャのシンガー/ギタリスト、アンナ・ルナによる2020年作。本作では自身の歌と多重録音での掛け合いヴォーカル&コーラス、ギターに、一部キーボードもキーボードも加えた、一人だけでの録音となっています(疫病禍での録音ということで、すべての犠牲者に捧ぐ、とジャケットに記載があります)。従ってサウンド面でのジャズ色などは濃くはありませんが、リュイス・リャック、アグスティン・ララ、フリオ・イグレシアス、カチョ・カスターニャ、イヴァン・リンス、ジョアン・マヌエル・セラットらのナンバーに1曲自作も含め、弾き語り感覚でしっとり聴かせてくれます。
ジャズ・ヴォーカルとはまた違った、シルビア・ペレス・クルース、ジャンマ・ウメットなどと繋がるヴォーカル・エッセンスが感じられる魅力的なアルバムです。(サプライヤーインフォより)

1. País Petit (3:32)
2. Santa Lucía (3:44)
3. Agua (4:04)
4. Vete (4:02)
5. La Bikina (2:02)
6. Piensa en Mí (3:18)
7. Oración del Remanso (3:32)
8. Gwendolyne (2:58)
9. Garganta Con Arena (3:24)
10. Rio de Maio (3:24)
11. Lucía (3:22)
12. Seda y Tul (3:18)
13. Perdido Amor (3:24)

go top