ANNA / 吾島 (Wan Shima)


wanshima-anna里アンナの『吾島』です。まったく唐突、というか、時期を逸しているというか、初入荷です。奄美出身、幼い頃から祖父に民謡を教わり、数々の民謡コンクールを総ナメ、その歌声は奄美を飛び出し世界へ響こうとしているようです(本作は海外へもディストリビュートされているそう)。が、当方、全然知りませんでした。もうリリースから5年も経た、このアルバムのことも知らずに生きて来ました。すみません!
それなのにナゼ突然、本CDを仕入れたかと言えば、昨年末、さるオヤジ系忘年会でグタグタに酔っていた最中に、本作収録の「十五夜」をたまたま Polka Dot Disc 主催のY師匠に聞かされて、その場のグタグタが一瞬消え去ったのを眼にしたからなんですが…(ま、そういうことも時にはあります)。
で、それはともかく、里アンナという歌い手の経歴に関してはオフィシャルブログの >”profile” をリンクさせていただくとして、その歌声の魅力について何かを言わせていただくなら、それは、しなやかさと、伸びやかさ、そして透明さ、…たぶん三線だけでも、アカペラでも、あるいは本作のようなエレクトロな伴奏の中でも、バックの音を選ばず変わらない響き、その声そのものが広がりを生む強さ、みたいなものがあるんじゃないかと思います(とはいえ、子供の頃から歌っていたスタイル、三線弾き語り完全ソロ・アルバムを聴いてみたいという気持ちはあります。たぶんそれがこの人の原点でしょうから)。
そんな歌声が生みだす広がりの中、グダグダに酔った当方は、満月に照らされたどこかの海の、水平線を見たのでした(なんて、ガラにもなくスミマセン)。その意味では、何を歌おうとも、そのすくっと立ち上がる声そのものの魅力がある人じゃないかと、そう思います。お試し下さい!
▷「十五夜”」この曲でハマりました。
▷ 試聴可!?

go top