ALICK MACHESO & ORCHESTRA MBERIKWAZVO / ZIVONDA KUTENDA


それにしても、コノ勢いは何でしょう?ほんとにコレ新録なのか?チムレンガとジット、あるいはベンガビートとリンガラを足して割ったような音ですが、まるで1990年前後のアフリカンPOP本格日本上陸時の飛ぶ鳥を落とすような勢いが再現されている?そんな印象を受けもします。BUT これでも正真正銘2010年作です。~で、ジンバブウェを毎年のように訪れ、この歌手でありベーシストであるアリック・マチェソのライヴに接し最前列で踊っていたところステージに上がって来いと言われ、いっしょにダンスを披露したこともあるというヒラゲさん によれば、このアリックは今現在現地人気NO.1~TVでの露出も多く、オリヴァーMよりもトーマスMよりも人気があるそーです。テレビCM出演時の “CHESO-POWER !!” の掛け声&指サインを(多分まことちゃんの”グワシ”みたいなもの?違うか…)老若男女みんなが真似ているとも聞きました。何でも、地元ハラレのCDショップ店員に聞いてもらったところでは、このアリック・マチェソに代表されるジャンルは~”sungura” =スングラと呼ばれ、ダンス音楽としては最高人気だそう。そのベンガのような煌びやかなギター・リフ、高域男声コーラスによる歌のあり方、そして今時バスドラにマイクも入れない中高音域重視の録音感触(ベースの曲弾きも中高音域!)~ジンバブウェらしいハチロクやコンゴやケニアっぽいMIXビートに乗せアップ&ミディアムでダンスを煽るその音楽性、スタイルとしての新しさも古さも関係なく、とにかく元気!勢いが半端じゃナイですねえ、ホント。~去年入荷したザンビアのマションベ・ブルージーンズもけっこう凄かったわけですが、なんだかアフリカ、まだまだ隠れた音楽シーン、あるじゃないですか!?(と、思ったら、POPアフリカ700で既にアリック旧作もスングラも紹介されていましたが…)ところでこのAマチェソ、ご本人としてはマイケル・ジャクソンを意識しているそーです。わけわかりません。

go top