AIMILIA HATZIDAKIS ‎/ THALASSAKI


海ですね、カモメも飛んでますよ、そしてキリッとした顔つきの、アフロの漁師?なんて、ひどいこと言っちゃダメです。女性です。古い写真、貼り付けただけのジャケなので、ちょっと誤解を呼びそうですが、クレタ島の東、アナトリア半島にほど近い南エーゲ海のドデカネス諸島出身の島唄(ニシオーティカ)歌手、エミリア・ハジダキス(1929-1999)の作品集、見つけちゃいました!唯一のベストCDです。ソロ・アルバムは1982年に1作のLPのみ、ほか70年代前半に3枚のソロ・シングル録音のみなので、このベスト1枚ですべての録音が聞けるということに…。が、実の母アンナとの民謡デュオで、56〜70年代にかけて、15枚ほどのシングル録音(シェラック&7inch)を残していますが、そちらは数曲コンピレーションで聞けるだけ、未だCD化されていません。
お顔に似合わぬ(ナンテ、お客様が仰せでしたが、ま、歌は心ですからね)その清清しい歌声、これは、やっぱりドデカネス産ニシオーティカ女声の鏡? ホント、軽く潮風に乗せるようなその飾らない歌声、麗しいと言っても過言ではないと思います。キターラ(ツィター)と擦弦のリラ、そしてギターによる弦楽器類が描く寄せては返す波のような反復を背に、潮風に洗われた節まわしを淡々と繰り返すエミリア・ハジダキス。
 
1 Θαλασσάκι
2 Η Τράτα Μας Η Κουρελού
3 Το Ζιβαέρι
4 Το Βουσκαρούι
5 Μεσ’ Του Αιγαίου Τα Νησιά
6 Πέρα Στους Πέρα Κάμπους
7 Η Μπρατσέρα
8 Παναγιά Γαλατζάνη
9 Φύσα Μαϊστραλάκι Μου
10 Ο Κουκουμάς
11 Πάμε Στο Νησί
12 Η Θάλασσα Με Γέρασε
13 Ξύπνα Διαμάντι Και Ρουμπλί
14 Ο Κάτω
15 Η Ξεροκαμπήτισσα
16 Το Μελαχρινό
17 Το Περιόλι
18 Μια Σμυρνιά Στο Παραθύρι
 
 

go top