V. A. / INTENTA, Experimental And Electronic Music From


1980年代から90年代初頭のスイスのエクスペリメンタル&エレクトロニック・シーンにスポットライトを当てた、17曲入りコンピレーション。84年に唯一のアルバムを残しているBELLS OF KYOTOをはじめ、シンセポップ、フュージョン、ファンク、エスノなどが入り交じった、この時代ならではのポストモダン的音像が広がっています。スイスという地政学的な位置関係がサウンドに反映されているかどうかは分かりませんが、この手のエクスペリメンタルな試みは近年もスイスの地からは発せられているように思います。18ページ・ブックレット付。80年代ニューウェーヴ、クラウトロックやプログレ系がお好きな方など要チェックです。(サプライヤーインフォより)

1. Andreas Hofer – Untitled
2. Claudine Chirac – Etudes
3. Sky Bird – Pasolini’s Trembling
4. Fizzè – Kulu Hatah Mamnua
5. Bells of Kyoto – Swiss Air
6. Elephant Château – Dreamings
7. Dressed Up Animals – Mondtanz
8. Peter Philippe Weiss – Subway (Intenta Version)
9. D-Sire – Wintertime
10. Air Project – Rap Yourself
11. Jean-Pierre Huser – Chinatown
12. Olivier Rogg – GE/CH:Seq
13. Carol Rich – Computered Love
14. Carlos Perón – Her Heäd Is Bräkin Intu Foör (Primal Version)
15. UnknownmiX – Django
16. Aborted at Line 6 – Mammuth (Extended Version)
17. I Suonatori – Matrosen

go top