FLAMME ABYMIENNE


う〜ん参りましたね、今更ながら DEBS 長い間、おつきあいさせていただいたのに、こんなCDが出ていたなんて、知りもしませんでしたよ。グループ・フレム・アビィミエンヌによる1969年リリース(79年に一回LPで再発されたきり)のレアーなLPアルバム+当時、同時期に発売されたと思しき4曲入りコンパクトEPx2枚分=グァドループの田舎音楽としてのクァドリーユの4つのヴァリエーションをLP片面づつ、順に演じた前半 & 同じく田舎音楽としてのビギンやポルカのインストを演じた全16曲を収めた1997年リリースのCD初入荷となります!
〜アコーディオンの演奏を要に(その昔はヴァイオリンだけで演じられていたようですが)、ギターとタンブール&シェイカーやグィロの演奏で、ものすごい土臭い演奏を聞かせてくれる前半ですが、シャントゥールではなくコマンドゥールと称し、ダンスを促す役目でしょうか? 号令みたいな掛け声がずっと聞こえて、これが、なぜか、後年のジャマイカン・ダンスホールのトースティングにソックリ!? カドリーユという17世紀フランス起源のスクエア・ダンスからはほど遠い感じを醸し出してくれて、ま、不思議なもんですねえ…(マラヴォワのシックなカドリーユとは大違い?)。後半のビギン、ポルカ、マズルカ、ワルツのインストも同じ編成での演奏、なんだか、ルイジアナのケイジャンを連想させるようなアコーディオンの音色が聞こえたり、単に主題メロディーをリズミカルに演奏することに徹していたり、そこにポカスカしたパーカッションが跳ねる感じが面白いんですが、これまた土臭い演奏です。もっと早くに知って売りたかったCDですねえ、今更ながら…。

Premiere serie
Flamme Abymienne ‎/ Festival de Quadrilles
1 1 ere Figure – Pantalon 3:02
2 2 eme Figure – L’été 5:18
3 3 eme Figure – La Poule 5:09
4 4 eme Figure – Pastorel 5:07
Deuxieme Serie
5 1 ere Figure – Pantalon 3:29
6 2 eme Figure – L’été 5:33
7 3 eme Figure – La Poule 5:22

Serie Instrumentale

8 4 eme Figure – Pastorel 5:209 Zafe Co Ida
10 Ti Valse En Nous
11 Polka Mazurka
12 Hie Soi Moi Demi Derho
13 Biguine Milon
14 Ginette En Vle Valser Avai Ou
15 Biguine De La Flamme
16 Polka Trois Pas

go top