CARMELINA BARBERIS / GUAJIRAS CUBANAS


1938年生まれのキューバのグアヒーラ系を代表する女性歌手のひとり、カルメリーナ・バルベリス。本作は、オムニバス盤に収録されていた音源などをまとめて復刻したものではないかと思われる、11曲入りの貴重なCD-Rです。
彼女の代表的なレパートリーであるフリオ・フローレスの「エル・レト」、セリア・ロメーロの「アルボラーダ」、ギジェルモ・ロドリーゲスの「コモ・セ・バイラ・エル・ソン」、ホセ・マヌエル・ロドリーゲスの「ス・ラウー」など収めていますが、伴奏のスタイルはいろいろ。オルガンをフィーチャーした1曲目は、ボンバを思わせるようなグルーヴィなリズムが印象的です。2曲目はラモン・ウエルタ、3曲目はアントニオ・アカンダという両男性歌手とのデュオ、トラッドな弦楽器のアンサンブルから、ロス・ソノーロスによるものと思われるセプテート系や、ロス・モントゥーノスによるものと思われるピアノなどフィーチャーしたコンフント、マンボ風なオルケスタまで、折々のヴァリエーションが愉しめます。(サプライヤーインフォより)
CD-Rによるリイシューで、一部、アナログ原盤に起因するノイズが入りますが、音質はまずまずです。

1. EL RETO
2. EN LA INMENSA SOLEDAD
3. CARIÑO SANTO
4. MI BANDERA NACIONAL
5. SI LA INTELIGENCIA FUERA PAN
6. EL PREGON DE LOS CHICHARRONES
7. A MI QUERER
8. ALBORADA
9. ALBORADA GUAJIRA
10. COMO SE BAILA EL SON
11. SU LAUD

go top