AZIZ SAHMAOUI & UNIVERSITY OF GNAWA / POETIC TRANCE


>★ おお、懐かしいですねえ、前々作は>こちらでした。プトンさんにご教示いただきました。感謝!>こちらでも紹介されています(陳謝&感謝!)。
元オルケストル・ナショナル・バルベスのメンバー、アジズ・サハマウイ率いるグナワ大学の新作ですねえ!でもって、プロデューサーは、懐かしい(?)マルタン・メソニエ!トーゴ人&セネガル人によるツイン・ギターを従え、グナワと西アフリカのグルーヴを足して割ったような緩急グルーヴの中で、ゲンブリ弾き語りを聞かせるアジズのヴォーカル、基本グナワの伸び上がるようなメロディー・ラインを歌いますが一本調子ではなく、曲ごとの変化を聞かせてくれるところこの人らしさ(彼の素の音楽性、そこにはサハラ周縁の様々な音楽が散りばめられているようにも感じます。もともとグナワは、西アフリカから流れ着いた黒人系音楽が、モロッコでベルベルやスーフィー交わり生まれた大道の芸能(というか民間の呪術音楽)ですから、そうした背景解釈につながる面白さが、この人ならでかも知れません。

go top