TRIO SERVANDO DIAZ / PAISAJES DE MI CUBA


トリオ・マタモロスと共に歴史的にも有名なキューバのトリオ・グループ、トリオ・セルバンド・ディアス。1937年に、リーダーでトップ・ヴォイスのセルバンド・ディエス、第一ギターで第3声のオティリオ・ポルタル、セカンド・ヴォイスでマラカスのクソ・メンドーサ(後に、マリオ・レシオに交代)の3人によって結成され、キューバ国内はもとより全ラテン・アメリカで人気を博し、ニューヨークでも活動しました。
録音もRCAビクターから、パナルト、マイペ、ヘマなどに、多くのレーベルに沢山残しました。本アルバムは、50年代後半にマイペからリリースされたLP『パイサヘ・デ・ミ・クーバ』(US-115)を、曲順はシャッフルされていますが、全曲を収めるリイシューCD-Rです。タイトル曲2であるフェルナンド・ムレンス作のグアヒーラや、ニコ・サキート作のグアラーチャ、ロペス・マルティン作のボレロなど(なお、本作3曲目に収録されたナンバーのソングライターのクレジットが、ロペス・マルティン作となっていますが、正しくはニコ・サキート作)、セルバンド・ディエスのコクのある歌と美しいハーモニーも魅力ですが、やはりキューバのトリオだけあり、他国のトリオよりも、よりリズム~ノリが魅力です。
盤起こし?思われ、若干の音擦れなどありますが、音質はまずまず良好です。紙スリーブ・ジャケに、レコードに模した黒色盤が封入されています。(サプライヤーインフォより)

1. Paisajes de Mi Cuba (Guajira) Songwriter: Fernando Lunens
2. Sin Intención (Bolero) Songwriter: Roberto Hernández
3. Yo No Escondo a Mi Abuelita (Guaracha) Songwriter: López Martín
4. Cuando Llora una Mujer (Bolero) Songwriter: Hugo Zamora
5. El Peluquero (Guaracha) Songwriter: Ñico Saquito
6. No Te Ire a Buscar (Guaracha) Songwriter: José Gelabert
7. Mi Sueño de Amor Eres Tú (Bolero) Songwriter: Bravo
8. Mira Lo Que Has Hecho (Bolero) Songwriter: Pinares
9. Tic – Tac (Bolero Son) Songwriter: Angel Alday
10. No Confio en Tu Cariño (Bolero) Songwriter: López Martín
11. Te Quiero Porque Sí (Bolero) Songwriter: Sara Santana
12. Don Toribio Carambola (Guaracha) Songwriter: Domingo González

VINTAGE MUSIC 124

go top