KADER JAPONAIS / DREAM


ウアムリアさんコネクション現地買い付け品!
大変、お待たせしました!

>https://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2019-01-03 (陳謝&感謝!)

bunboni さんのおっしゃる通り、80年代POPライの復活(というか、80年代POPライがやり残した仕事、きっちり今回も決めてくれました)!曲ごとにそれぞれ、鮮やかな色彩のアレンジが施されたバックに映える哀愁ヴォーカル絶好調! 懇願するオトコの態度、そして、引き際を見定めつつ、フラレることそのものを目的化したようなライならではの愛の節まわし(←私見ですが、〜やっぱりライはオトコの世界)!?サイコーですよ。
ともあれ、その生声(ロボ声ナシ!もしくは最小限)を支えるバッキングの素晴らしさ、1980年代末、ハレドやマミがインターナショナルにブレイクする瞬間のライを瞬間冷凍し、四半世紀後に持ち込んで解凍したような…と言えばおわかりいただけますでしょうか? 複数の手弾きキーボード+ベンディール含む複数のパーカッションというあの時代のライに加えて、ボトムを支えるドラムス、泣きのクラリネットや、切なさを演出するガットギター重奏、晴れやかなトランペット等々、しっかりとした生演奏で支えられたバッキングの中、際立つジャポネのメリスマティック・ヴォイス! メロウで、しかもダンサブルというライ本来の形がたっぷり味わえる本作、カデール・ジャポネの往年POPライ路線の完成形と言えるでしょうか!?いや〜、ライ演歌まるかじりですよ!

go top