DAWDA JOBARTEH / I MET HER BY THE RIVER


☆ダウダ・ジョバルテ/川の畔であの娘に会った

アデルやモンゴ・サンタマリアのカヴァーも収録!
西アフリカ伝統音楽新世代の旗手が放つ最高に洗練されたコラ・ミュージック!

アフリカでもっとも美しい音色を持つ弦楽器コラの演奏として、ここ数年世界から注目を浴びるようになったのが、ガンビアの名グリオー一族出身の音楽家ダウダ・ジョバルテだ。ガンビアからは遠く離れた北欧の地コペンハーゲンを拠点に、現地のジャズ系音楽家らとセッションを重ねてその演奏と音楽性を磨いてきた彼が、通算3作目のソロ作を発表した。ここではダウダのオリジナルのほか、西アフリカや北欧の伝統曲をアレンジしたもの、さらにはモンゴ・サンタマリアの「アフロ・ブルー」やアデルの「ハロー」といった、ラテン・ジャズやポップスのカヴァーにも挑戦。より幅広いレパートリを取り上げコラ・ミュージックの可能性を追求している。 (メーカーインフォより)

go top