ANN O’ARO


声を出し躰を動かし、歌いダンスすることと描くこと。何も恐れないこと。野生のままの性と生をタブーなしに歌い表現するマロヤを踊ること、が、この若きレユニオンの女性パーフオーマー /SSW / 詩人にしてダンサー、絵描きでもあるアン・オアロの願いだそう。ちょっとヌメヌメ、ヒリヒリして、時にサラサラと皮膚感覚に訴えるようなその音楽性、一度聴いたら忘れられないような。

Ann O’aro : chant
Jean-Didier Hoareau: kayanm, rouler, sati, choeur
Willy Raitre: kayanm, bob, rouler, choeur
Julian Rousseau: trompette, euphonium
Fanny Menegoz: flutes, piccolo

go top