MAX RANSAY / MONT BENIT


 

カリの叔父でもあるヴェテラン歌手マックス・ランセイ(1942-2003)のリーダー・アルバム。もちろんカリがプロデューサーを務めています。で、音づくりはカリならでは、生音中心でマルチニックの伝統を汲んだもの。潮枯れて哀愁をふりまきながらもリズミカル、韻を踏みつつ跳ねるようなマックス叔父の声はまさにフレンチ・カリブの島唄!90年代にマラヴォワやカリによって興ったマルティニック=ビギン / マズルカ伝統復興の流れから生まれた充実作と言えるでしょうね。久々の再入荷となりました!

go top