SIMI / SIMISOLA


長らく売り切れにてスミマセンでした!今年1月(2018)に初入荷した去年(2017)の作ですね、久々に再入荷してきました!

>こちらでファルズと共演していて、期待を集めていただろう女性SSW、シミこと本名は Simisola Bolatito Ogunleye、とうとう新作をリリースしてくれましたね!メチャ童顔ですが(ちょっと目が離れてるキュートなカエル顔❤️by いわき市のIさん)、デビューは06年、ファースト・アルバムは08年でハタチの時に出していましたから、本作ソロ名義でのセカンドとの間に10年近いインターバルがあるわけで、当年とって28歳〜層の厚い現地シーンの厳しさに思いが及ぶわけで、こんなにPOPにハジケた作に至るまでの苦労、というもの、あったかも知れませんね。
それはともかく冒頭のピアノ&トロンボーン(?)のバラードを聴いて(イントロ、トロンボーン&ピアノがレオンの「ソング・フォー・ユー」かと思いましたよ、ま、違いましたけど)、ありゃ〜、とうとうナイジェリア(ヨルバ)大衆音楽もこういうところまで来てしまったんだと、感慨深いものがありました。で、その後の展開は、何というか、POPなアフロビート&ハイライフ、ジュジュ風情のナイジャPOP路線をキュートに決めてくれて軽快、ダンサブルかつシンプルな好印象〜音の隙間の取り方がヨルバっぽくてクールだし!完成度高いですねえ。で、「まさか、カワイイ Afrobeat が登場することになろうとは…、誠、有為転変は世の習い、が、しかし、ま、カワイイから許す!」と思わず twitter で呟いてしまったわけです。で、エベネザー・オベイの  “Aimasiko”&ヴィクター・ウワァイフォの “Joromi” をカヴァーしているところも特点高いですねえ!

>http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2018-02-07 陳謝&感謝!

▽2018年12月UPのnewクリップ〜新曲か?と思ったら収録曲でした!

go top