DISQUE LA RAYE, 60’s french west-indies boo-boo-galoo


ニューヨークのバリオにブーガルーが花開いた1960年代、仏領カリブの島々でナイトクラブのダンスフロアーを賑わせた、ファンキーな“島のブーガルー”を、Born Bad Records のジャン=バチスト・ギヨーと Digger’s Digest のジュリアン・アシャールの強力タッグが復刻。ブーガルー、といっても、ニューヨリカンが練り上げたバリオ・ミュージックの枠組みにとどまらず、クレオール色に脚色された、驚きの全13トラックを収録しています。ソウル・ジャズ調からクレオール・ファンク、さらに4曲目のようなカリプソや、コンゴのO.K.ジャズが演じたナンバーを取り上げている7曲目のようなルンバ・コンゴレーズの流れを受けたトラックもあって、島ならではの開けっぴろげでラフなグルーヴが、刺激的です。英語/仏語テキストの解説付。(サプライヤーインフォより)

go top