IDIR / ICI ET AILLEURS


フランスを拠点に活動するアルジェリア出身カビール歌謡の重鎮、イディール(1949〜)新作です。各曲、シャルル・アズナブールからフランシス・カブレル、トリヨ、ジェラール・ルノルマン、ベルナール・ラヴィリエ、マキシム・ル・フォレスティエ、故アンリ・サルヴァドール …ほか、いわゆるヴァリエテ・フランセーズの静清たるスター達が曲ごとにイディールとデュエットしています(アンリ・サルヴァドールは亡くなっているので、過去録音とのデュオですが)。ボーナスとして収録曲のカビール語ヴァージョンが3曲収録されていますが、基本フランス語曲が並ぶアルバムです。けれどオーケストレーションが奏でる伴奏には、バンジョーやマンドーラ、葦笛も聞こえ、その風合いはカビール風シャアビを想わせます。実に淡々とした豪奢なアルバムです。

1 La corrida – en duo avec Francis Cabrel
2 Les larmes de leurs pères – en duo avec Patrick Bruel
3 On The Road Again version kabyle – en duo avec Bernard Lavilliers
4 La bohème – en duo avec Charles Aznavour
5 Né quelque part version kabyle – en duo avec Maxime Le Forestier
6 L’hymne de nos campagnes – en duo avec Tryo
7 Les matins d’hiver – en duo avec Gérard Lenorman
8 Jardin d’hiver – en duo avec Henri Salvador
9 Avancer – en duo avec Grand Corps Malade
10 Lettre à ma fille – en duo avec Tanina
BONUS
1 Les larmes de leurs pères (version kabyle)
2 La bohème (version kabyle)
3  La corrida (version kabyle)

go top