CHAVELA VARGAS


2012年に93歳でその波乱の生涯を閉じたメキシコ歌謡の女王、チャベーラ・バルガス。1973年にオルフェオンよりリリースされたアルバム『ソレダ』から1曲(「ウン・ラティート」)をマイナスした復刻です(元盤では「バロン」と曲目表記されていたセバスティアン・ピアナ/オメロ・マンシのタンゴ名曲が本盤では「ミロンガ・センティメンタル」に訂正されています)。
彼女の代表曲のひとつでもある、元盤表題曲のダンサ「ソレダ」をはじめ、ペドロ・フローレスの名曲ボレロ「オブセシオーン」やランチェーラ、そしてタンゴ名曲まで。情感あふれる歌声を堪能してください。ギターは名手アントニオ・ブリビエスカ。
盤起こし?思われますが、ノイズもほぼ聞かれず、音質も解像度よく仕上げています。(サプライヤーインフォより)

01 Soledad (Danza)
Songwriter: E. Fabregat

02 Que Si Te Quiero Júralo (Ranchera)
Songwriter: Cuco Sánchez

03 Obsesión (Bolero)
Songwriter: Pedro Flores

04 Cartas Marcadas (Ranchera)
Songwriter: Chucho Monge

05 Alondra (Ranchera)
Songwriter: Chucho Monge

06 Desdén (Vals)
Songwriter: Miguel Paz

07 Tú y la Mentira (Ranchera)
Songwriter: José Alfredo Jiménez

08 Mía Nomas (Bolero)
Songwriter: Agustin Lara

09 Si Es Que Te Vas (Ranchera)
Songwriter: Ramón Gómez Moncada

10 Milonga Sentimental (Varón)
Songwriter: Sebastian Piana, Homero Manzi

11 Hace un Año (Ranchera)
Songwriter: Felipe Valdéz Leal

go top