ALICK MACHESO / TSOKA DZERERNDO, AYAYAA


な、なんと、ジンバブウェのマイケル・ジャクソンこと(本人、ライヴァルはマイケルと断言したとか?)、スングラのトップスター、アリック・マチェーソ(ヴォーカル&ベース&ダンス??)の、ライヴ会場でしか売っていない2016年の新作をジンバブウェ帰りの松平さんに買って来ていただいたのでした(感謝)!が、ジャケなし、盤(しかもCDR)のみなのでした。が、内容はサイコー!チムレンガとジット、あるいはベンガビートとカリンドゥラを足して割ったような音ですけど、もっともっとアッパー!まるで1990年前後のアフリカンPOP本格日本上陸時の飛ぶ鳥を落とすような勢いの再現??ま、現地人気NO.1ということで、TVでの露出も多く、オリヴァーMよりもトーマスMよりも庶民人気があるそーです(庶民〜定義が難しい言葉ですが、この際、雰囲気で使います)。というわけで、>こちら、忘れ難き名作2010年作を彷彿とさせる内容の本作!いっとき、もう少しアダルトなムードのミディアム・ナンバーが並ぶアルバムもリリースしたマチェーソでしたが、やっぱりこうじゃなきゃ、ですね、サイコー!
盤(しかもCDR)のみというのも、あまりに芸がないので、ネット上に当アルバムのジャケがありましたので、プリンターで普通紙プリントして薄型プラケースにお入れして、お売りします(はじめはあったんでしょうね、印刷ジャケット、でも当初の印刷分を売り切ってしまって、今はCDR盤のみで売っている、ということなんでしょう、たぶん)。
僅少入荷です。ご注文はお早めに(次、いつ入荷するかなんて、全然わかりませんから…)!

本人のマチェーソそっちのけで、ダンサー達を映したライヴ・ヴィデオに、本CDR収録スタジオ録音の冒頭曲 “BABA” をかぶせたクリップです ▽

go top