FERNANDO Y ELENA ‎ / DE LOS DOS


 

 

 

 

 

 

<Lp Gema 1145>
*Fernando Alvarez & Elena Burke  “De los dos”
*ORQUESTA -Rafael Somavilla & Adolfo Guzmán

*RECORDING – La Habana, ca.196

もう説明の必要もないんじゃないでしょうか?キューバ/フィーリン系ボレロ歌手を代表する男女二人、北米へ移転するギリギリ直前のヘマ・レコーズに残されたデュエット・アルバム〜とは言うもののデュオは冒頭曲のみ、ほか11 曲は別々にソロで歌っています。やっぱりオリジナル・ジャケで復刻してほしかった…。ま、贅沢を言えばキリがありませんが、アレンジはラファエル・ソマビージャ〜ゴージャスなストリングスに二人の歌声が映えます。曲順も異なります。

“センティミエントの女王”として絶大な人気を誇ってきたエレーナ・ブルケと、ベニー・モレーのバッキング・ヴォーカリストやコンフント・カシーノで活躍した後、ソロとして活躍したフェルナンド・アルバレス。本作は、ボレロ/フィーリン系の男女2大歌手がタッグを組んだ、プロドゥクシオネス・ヘマからのLP『デ・ロス・ドス』(LPG-1145)を、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めるリイシューCD-Rです。
両者のデュオを冒頭に、残りはそれぞれ単独での歌唱となりますが、いずれも衒いのない伸びやかな歌声で、文句なしの素晴らしさ。バックは、こちらも一流どころのアドルフォ・グスマンとラファエル・ソマビージャ指揮によるオーケストラ。フアニート・マルケス、ニーニョ・リベーラ、マルタ・バルデース、ホセ・アントニオ・メンデスのナンバーなど、ボレロ/フィーリン系がお好きな方はマストなアイテムです。
盤起こしと思われ、若干のノイズはありますが、音質はまずまず良好です。紙スリーブ・ジャケに、レコードに模した黒色盤が封入されています。(サプライヤーインフォより)

1. Elena Burke, Fernando Alvarez / De Los Dos (Bolero) – Tania Castellanos
2. Elena Burke / Alma Con Alma (Bolero) – Juanito Márquez
3. Fernando Alvarez / Eres Parte de Mi Vida (Bolero) – Isolina Carrillo
4. Elena Burke / Me Miras Tiernamente (Canción) – Yáñez / Gómez*
5. Fernando Alvarez / Indefinidamente (Boleros) – Jorge Mazón
6. Elena Burke / Burla (Bolero) – Justo Fuentes
7. Fernando Alvarez / Tú y Mi Música (Canción) – Niño Rivera
8. Elena Burke / No Hagas Caso (Bolero) – Martha Valdés
9. Fernando Alvarez / Para Qué (Bolero) – Tania Castellanos
10. Elena Burke / Me Faltabas Tú (Bolero) – José Antonio Méndez
11. Fernando Alvarez / Cuando Más Te Comprendo (Bolero) – Pedro Vega
12. Elena Burke / La Mano de Dios (Bolero) – Salvador Levi

go top