TOTI SOLER / RAO DE VIURE


★トティ・ソレール / 帰郷の理由
BNSCD-8926“カタラン・ギター”ことカタルーニャを代表するベテラン・ギタリスト、トティ・ソレール。国内盤第三弾は、シルビア・ペレス・クルス、ジェンマ・ウメットが参加した2011年人気盤。
●トティ・ソレールは、1949年スペインのカタルーニャはバルセロナ生まれ。60年代からノバ・カンソ運動などカタルーニャ音楽シーンの重要場面で活躍してきた当地を代表するギタリストです。●アメリカのタジ・マハールに出会いブルースを学び、セビージャの伝説的フラメンコ・ギタリスト、ディエゴ・デル・ガストールからフラメンコの手ほどきを受けたり、他にも地中海音楽、ジャズ、ロック、クラシックを吸収し、70年代初期には、地中海ギター・サイケデリックな不思議な作品群をリリース。一時期率いていた”OM”というグループは一部のプログレファンにも知られています。●その後、80~90年代と、洗練度合いを増しながらも、それまでのスタイルは崩さずに、コンスタントに作品を出し続け、その一方でマリア・デル・マール・ボネットやパスカル・コムラードといったカタルーニャの個性的な音楽家たちとも共演を果たすようになりました。●近年では、長年のキャリアの到達点ともいえる研ぎ澄まされた、静謐なギター・インストゥルメンタルの世界を展開。さらに、静かな波や木漏れ日のような心地よいアコースティック・サウンドに、トニーニョ・オルタにも通じるようなヴォーカル+ギターを乗せた、地中海フォークともいえるサウンドは、まさにカタルーニャの円熟のエレガンスを感じさせ、キューバのフィーリンやアルゼンチン・フォルクローレ、ポスト・クラシカルを通過したリスナーを中心に密かに話題となりました。●今作あたりからこのトティ・ソレールの音が耳の早いリスナーに、ポストクラシカルとフォルクローレの評価とシンクロするように”発見”されました。地中海のおおらかな風、そして光と影を感じさせてくれる流麗なギター。”孤独”と題されたギター・ソロの曲から、注目の女性ボーカリスト、ジェンマ・ウメットの暖かみのある歌声へ。また、カタルーニャからスペインを代表するボーカリストとして成長したシルビア・ペレス・クルスは、ロルカと並び賞される詩人ミゲル・エルナンデスの「心は水」を歌っています。まさに、2010年代以降のカタルーニャ音楽の行く末を予見したようなアルバムですね。トティ・ソレールを聴く最初の一枚としても、または現代カタルーニャ、地中海音楽を紐解く上でも重要作なのではないでしょうか。 (メーカーインフォより)

1. Sardana flamenca フラメンコ風サルダーニャ
2. El coraz n es agua 心は水
3. Tema テーマ
4. Can oneta del mal cam 間違えてる歌
5. Alpargata e viol o エスパドーリゥとギター
6. Vespre 夕暮れ時
7. Que sigui la meva nima 私の魂を作るもの
8. La samarreta シャツ
9. Cam de migjorn 正午の道
10. Barcelonina バルセロニーナ
11. Soledat 孤独
12. Penyora d’amor 愛の誓い
13. Ra de viure 帰郷の理由
14. Aurora オーロラ

go top