TOTI SOLER / EL TEU NOM


51k4Dedjx3L“カタラン・ギター”ことカタルーニャを代表するベテラン・ギタリスト、トティ・ソレール。2013年作。

●トティ・ソレールは、1949年スペインのカタルーニャはバルセロナ生まれ。60年代からノバ・カンソ運動などカタルーニャ音楽シーンの重要場面で活躍してきた当地を代表するギタリストです。
●アメリカのタジ・マハールに出会いブルースを学び、セビージャの伝説的フラメンコ・ギタリスト、ディエゴ・デル・ガストールからフラメンコの手ほどきを受けたり、他にも地中海音楽、ジャズ、ロック、クラシックを吸収し、70年代初期には、地中海ギター・サイケデリックな不思議な作品群をリリース。一時期率いていた”OM”というグループは一部のプログレファンにも知られています。
●その後、80〜90年代と、洗練度合いを増しながらも、それまでのスタイルは崩さずに、コンスタントに作品を出し続け、その一方でマリア・デル・マール・ボネットやパスカル・コムラードといったカタルーニャの個性的な音楽家たちとも共演を果たすようになりました。
●近年では、長年のキャリアの到達点ともいえる研ぎ澄まされた、静謐なギター・インストゥルメンタルの世界を展開。静かな波や木漏れ日のような心地よいアコースティック・サウンドに、トニーニョ・オルタにも通じるようなヴォーカル+ギターを乗せた、地中海フォークともいえるサウンドは、まさにカタルーニャの円熟のエレガンスを感じさせ、キューバのフィーリンやアルゼンチン・フォルクローレ、ポスト・クラシカルを通過したリスナーを中心に密かに話題となりました。
●今作も、言うまでもなく文句なしのギターが紡ぎ出す優しく美しい世界が繰り広げられています。自作曲と同じく、ノバ・カンソ運動でも活躍したバレンシア生まれのSSWのOvidi Montllo(ヨミ)や、カタルーニャの詩人ESPRIU(ヨミ)の楽曲など、やはりカタルーニャに根ざした楽曲を挟み込んでいます。
●また、国内盤も発表された注目のジェンマ・ウメットがここでもフィーチャーされ非凡ぶりを発揮しています。さらに、かわいらしいジャケのアートワークは愛娘ライラ・ソレールの子供の頃のドローイング。ジャケ裏のトティの写真はシルビア・ペレス・クルスが撮ったようで、カタルーニャの世代を超えた横のつながりが垣間見れることができます。
●カタルーニャという大地から届けられた歴史の重みとエレガンスを感じさせる素晴らしい作品群です。全音楽好きにオススメいたします。

1949年スペインのカタルーニャはバルセロナ生まれ。60年代からノバ・カンソ運動などカタルーニャ音楽シーンの重要場面で活躍してきた当地を代表するギタリストです。
●アメリカのタジ・マハールに出会いブルースを学び、セビージャの伝説的フラメンコ・ギタリスト、ディエゴ・デル・ガストールからフラメンコの手ほどきを受けたり、他にも地中海音楽、ジャズ、ロック、クラシックを吸収し、70年代初期には、地中海ギター・サイケデリックな不思議な作品群をリリース。一時期率いていた”OM”というグループは一部のプログレファンにも知られています。
●その後、80〜90年代と、洗練度合いを増しながらも、それまでのスタイルは崩さずに、コンスタントに作品を出し続け、その一方でマリア・デル・マール・ボネットやパスカル・コムラードといったカタルーニャの個性的な音楽家たちとも共演を果たすようになりました。(インポーター資料から)

go top