TONY SCOTT and The Indonesian All Stars / DJANGER BALI


DJANGER-BALIDjanger Baliと題された1967年名作!インドネシアJAZZのみならず、現在のインドネシア音楽の礎をきずいた最重要音楽家ブビ・チェン、ジャック・ルスマナといった優れたインドネシアのミュージシャン達と、ジャズが本来持っているアフリカンスピリチュアル感覚の表現方法を模索していたトニーが出会って創造されたインドネシア・スピリチュアルJAZZワールド!67年に制作、つまり50年近く以前にこんなハイブリットな未来的な音楽が、インドネシアのスンダ地方音楽をベースにjazzとの融合によって創造されていたとは!遊び心と挑戦とのバランスが良くとてもクールにしてホットなショックミュージックの意味ある再発!
(サプライヤーインフォその1)

鬼才クラリネット奏者がインドネシアのジャズ・ミュージシャンとレコーディングした 知られざるエキゾティック・ジャズの名盤! 〜早くからワールド・ミュージックに接近、ニュー・エイジ・ミュージックの先駆者となったジャズ・クラリネット奏者トニー・スコットが、1967年にインドネシアの気鋭ジャズ・ミュージシャン達とレコーディングした知られざるエキゾチック・ジャズの名盤が、インドネシアのレーベルから再発された。MPSレコーズのシリーズ〈Jazz Meets The World〉の一枚としてリリースされた本作は、トニーの「インドネシアの伝統音楽とモダン・ジャズを融合させたい」という要望を受け、当時インドネシアで最上のジャズ・ミュージシャン達が集結、レコーディングされた。インドネシアのジャズ・シーンにおいてもマイルストーンとされている記念碑的な作品だ。 ●日本語による説明をつけた帯を商品に添付して発送いたします。日本語解説は同封しておりません。予めご了承ください。 (サプライヤーインフォその2)

1. Djanger Bali
2. Mahlke from “Katz und Maus”
3. Gambang Suling
4. Ilir Ilir
5. Burung Kaka Tua
6. Summertime

Tony Scott – Clarinet
Bubi Chen – Piano, Zither(Ketjapi)
Jack Lesmana – Guitar
Marjono – Tenor Saxophone, Flute, Vocals
Yopi Chen – Bass
Benny Mustafa – Drums

http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/archive/20160404 無断リンクすみません!

go top