V.A. / 69 ANNEE MELODIQUE, UNE CERTAINE IDEE DE LA VARIETE FRANCAISE 1964-1975


FAN34636LP「1969, メロディーの年」をテーマに当時のシャンソン〜ヴァリエテから12曲をセレクトした(去年ドイツでリリースされていた)コンピ盤の仏配給盤。が、収録曲はサブタイトルの通り 1964-1973 とリリースの幅があり、どーゆー意味なのか、なかなか理解ができませんが、バーキン(”川崎”!)、ゲインズブール、ダリダ、シェイラ、ミシェル・コロンビエール 他の曲の並びに感じられることは、「聴いたこともない!」ということで、これはレアー(コレクターの方はともかくとして)!あんまり知られていない名曲集ということになるんでしょうね。加えて、タイトル通り、ダンスものではなく、メロディーに妙味を感じさせる曲が並ぶところもミソ!?

1. Michèle Arnaud – La chanson de Tessa (1964)
2. Dalida – Je me repose (1968)
3. Sheila (Jean Claudric) – Long sera l’hiver (version playback orchestre) (1969)
4. Jane Birkin – Kawasaki (1973)
5. Christophe – The girl from Salina Part. 3 (B.O.F. – La route de Salina) (1970)
6. Jacqueline Taïeb – Ce soir, je m’en vais (1967)
7. Michel Colombier – Canon (1969)
8. Ann Sorel – L’amour à plusieurs (1972)
9. Jacques Dutronc – Proverbes (1968)
10. Tonio Rubio – Bass In Action (1973)
11. Jehan Jonas – Nocturnes (1969)
12. Serge Gainsbourg – Je suis venu te dire que je m’en vais (version playback orchestre)(1973)

go top