ESZTERLANC / JEGESEN


ESZTERLANCハンガリーとルーマニア文化が入り交じるトランシルバニアはMEZOSEGという地域周辺の伝統音楽を奏でるグループのアルバムです。複数のヴァイオリン、ベース、縦笛や曲によりサックスやトランペットなども加わり、素朴この上ないアンサンブルでシンコペイションを奏で、その上に複数の女性歌手がソロ及びユニゾンで歌い継いでいく。しかもその女性歌手の中には、初老の女性もいて、バックの若手との年を考えると、3世代による伝統音楽グループのようです。そんな素朴な演奏ですが、これが聞き続けると静かにジワジワと知らぬ間にその世界に引き込まれてしまいます。ジャケに写る雪の風景の中でコミュニティーの楽しみの為に育まれてきた音楽なのでしょうか。不思議に魅力的な音群です。(サプライヤーインフォより)

1. a Jegesen
b edesanyam ugy szeretett
c Elment a ho a hegyekrol
2. Halalra tancoltatott leany
3. a Pantlikas kalapom
b Postaslegeny
4. KUkUllo
5. Tul a vIzen
6. Harom ag es hat level
7. a VIzimalom
b Sarga dinnye
8. Buzai kantalas
9. MelegfOldvari torony
10. ElOljaro tanc
11. Egy buzai szolga dala
12. Buzai utcak

go top