GIORGOS ALTIS / LEI I ZOI


giorgos-altis2009ブズーキのヴァーチュオーゾ(クァルテート・ブズーキオン・ラストのメンバー)にしてギリシャ音楽関係の著作もあるヨルゴス・アルティスの09年セカンド・アルバムです。渋いですねえ、その歯切れよくもオリエンタルでブルージーなブズーキ・プレイ!保守本道のアレンジにおいて、メランコリックかつディープな曲想の古いレベーティカ、ライカ曲に新たな詞をつけた曲が並びますが、自らも2曲歌うほかは、すべて4人の新旧実力派女性歌手達で、その歌い口、もうギリシャ以外の何物でもない美意識に貫かれています。かと思えば、例えば、ブズーキにシタールを添わせてみたり、ちょっとした工夫も随所に。

1. KANE KATI – ANNA KARAGEORGIADOU
2. MIDEN KAI APEIRO – FOTEINI VELESIOTOU
3. KAPOIOS GKOUROU – GIORGOS ALTIS
4. GI TOU ONEIROU – MARILENA
5. I DYSI KAI I ANATOLI – MARIA KOTI
6. I DYSI KAI I ANATOLI – MARIA KOTI
7. TA OMOLOGA KAI OI METOHES – GIORGOS ALTIS
8. O ANTHROPOS KAI O PONOS TOU – MARILENA
9. TITANES – ORGANIKO
10. ME ALLO KEFALI – FOTEINI VELESIOTOU
11. TA APOMEINARIA – MARIA KOTI
12. TA PROTA KARDIOHTYPIA – ORGANIKO

go top