MARINA ROSSELL / Canta Moustaki Vol.2


スペイン・カタルーニャ地方の「新しい歌」運動=ノヴァ・カンソに参画した女性歌手、マリナ・ルセイユが、ギリシャ系のルーツを持つフランス人シンガー・ソングライターで、友人でもあるジョルジュ・ムスタキのナンバーを取り上げたアルバムの第2集。前作では参加曲もあったムスタキは、2013年5月にこの世を去ることとなってしまい、本作はムスタキに捧げられたマリナのオリジナル・ナンバー (4)も含む、トリビュート作となっています。レパートリーはムスタキが選定していたもののようで、ギリシャのマノス・ハジダキスのナンバー (3) やエディット・ピアフの歌で知られるムスタキ作詞の有名曲「ミロール」(9)、ジョーン・バエズ&エンニオ・モリコーネによる映画『死刑台のメロディ』のテーマ曲 (10) なども収録。音楽監督/アレンジを手がけるチャビ・ジョセスのピアノの他、ギター、コントラバスなどアコースティック・アンサンブルをバックにした、マリナの知性的で包容力のある歌声も健在です。バルセロナ出身の人気ポップ・ロック系歌手マノロ・ガルシアらがゲストで参加。(インポーター資料から)

曲目表:
1. Si ara canto, es per tu (Georges Moustaki)
2. El temps de viure (Georges Moustaki)
3. Per que, Deu meu? (Iakovos Kambanellis – Manos Hadjidakis)
4. Absents (Marina Rossell)
5. Els amics (Georges Moustaki) amb Manolo Garcia
6. Es massa tard (Georges Moustaki)
7. Josep (Georges Moustaki)
8. Mapa de la tendresa (Georges Moustaki)
9. Milord (Georges Moustaki – Marguerite Monnot)
10. Marxa de Sacco i Vanzetti (Joan Baez – Ennio Morricone) amb David Caraben, Joan Colomo, Bikimel, Alessio Arena i Cesk Freixas
11. El metec (Georges Moustaki)

go top