MOHAMED EL ANKA / DOUBLE BEST, La Grand Maitre du Chaabi Algerien


el-anka2cd信頼のレーベルMLPからとうとう真打ち登場ということになります!こうして、アルジェリアン・シャアビのパイオニア/創始者、モハメッド・エル・アンカ(1907-78)作品をCD2枚分、たっぷり聴けること自体、もう僥倖と言うしかないわけですね!SP音源4曲(?)や長尺ライヴ音源も含む全14曲〜バランスのイイ配分で1940〜70年代録音が並んでいると思われます。CD1−6あたり、あるいは、これは初CD化と思われるCD2−7・8あたりのSP音源、聴き応えあります。1920年代後半頃から、アラブ=アンダルース音楽を下敷きに、ウードをマンドーラに持ち替え、新たな形の歌謡音楽=シャアビを生み出したイノヴェイターです。生前本人は、「いや、オレには先輩がいるんだよ、その人の真似をしただけだよ」と、謙虚に語っていたそうですが、この人がいなかったら、ダフマーンやマトゥーブの音楽も違ったものになっていたと思います。アラブ・アンダルース音楽の典雅な旋律に乗せて、奔放な歌い口でアルジェの下町ムード横溢(が、しかし、アルジェのカスバで使われた下町べらんめい調の話し言葉を歌詞としたのは、ダフマーンを嚆矢とするそうです。エル・アンカは未だ古典詩の範疇にある詞を歌ったそうで、今のアルジェリアの人には聞いてもよくわからんだろうとのこと。意外ですなあ…by 粕谷祐己先生解説)~さすがエル・アンカ!多くは自ら弾くマンドーラ(or ギター)に加えて、ヴァイオリン、バンジョー等の弦アンサンブル&縦笛ネイ(&曲によりピアノ)&簡易パーカッションのバッキングで、イノヴェイターとしての貫禄が匂い立つようなドスの効いたイイ歌を聞かせています。


△参考〜なんか、すごいですねえ!

△これまた凄いですねえ…ダウンロードしておくべきですね…
(どなたか、よろしくお願いします!当方できませんでした)

go top