SEIN MOOT TAR / ACADEMY GOLDEN “SAING”


sein-moot-tar-academy-cdr先に、CDRでお買い上げいただきました皆さん、大変申し訳ございません…。このほど正規盤CDが再入荷してしまいました(今回は、ヨコシ夫君ミャンマー現地買い付け品〜感謝!)。当店的にはお買い直していただくこともやぶさかではないのですが、そりゃーねーだろっ!という声も脳裏をよぎるのでした。閑話休題(って、ごまかすつもり?)…
>こちらはソロ演奏CDでしたが、こちらはセインムーター師による標準サイン・ワイン仕様〜真鍮ゴングが環状に並ぶチーワインや、リード笛のフネー、両面太鼓のパッマなどといった器楽アンサンブルで演じられています。躍動感ある旋律打楽器群が中心となる演奏なのに、どこかゆったりとした優雅さが感じられる不思議な演奏です。強いて言えば、いわゆるガムラン音楽をより南インドの古典インスト音楽に近くしたような雰囲気でしょうか…?そこに中国的な旋律も加わって行くような気もします(って、結局、地図を見た通りの音楽性?)。で、懐かしいアジアがそこにあるような気もしますが、そうかと思うとドン・チェリー『永遠のリズム』なんかを思い出したりもして、不思議な音です。と、いくら形容をつくしたところでやっぱり百聞は一聴にしかず。これは聴いていただくしかないでしょうね…。
SEINMOOTTAR


△参考〜収録曲ではありませんが(未だCD化されていない曲だそう)。

go top