SEIN MOOT TAR / PLAYS MYANMAR CLASSICAL SONGS vol.1


sein-moot-tarSEIN-MOOT-TAR-cdrまずはここから!?ミャンマー古典音楽のめくるめく世界への入り口として、オススメしたい1枚です!

>こちらでご紹介いただきました(無断リンクすみません!)。で、ご紹介の通り、ミャンマーの伝統音楽、サイン・ワインの第一人者、セイン・ムーター師による環状に置かれた複数調律太鼓パッワイン・ソロ演奏アルバムです。仏教の祭り精霊信仰の儀礼、伝統的な人形劇や伝統歌謡の伴奏などに演じられるサイン・ワインです(当店人気のソーサーダトンをお楽しみの方なら旋律打楽器パッワインの音色はおわかりだと思います)。通常サイン・ワインは真鍮ゴングが環状に並ぶチーワインや、リード笛のフネー、両面太鼓のパッマなどといった器楽アンサンブルで演じられますが、こちらは珍しくもソロ演奏、ということで、実にアンビエントで自由、即興性の高いインスト音楽と聞こえるわけです。暑気払いにも最適だし(もう秋ですけど)、何より、何を叩いている音だか、既知の太鼓の音ではありませんから、何だかよくわからない感じがイイですね!?強いていえば、タブラとハングドラムとマリンバを混ぜあわせたような音でしょうか?って、余計わかりませんね…。

▽参考〜ややしんどい映像ですが、正面で職人風に or 機嫌よく環状に並んだ小型の調律太鼓群を囲いの中で叩いているのがセイン・ムーター師です。


go top