ORQUESTA REVE


orq-reve1974 1980~90年代にロス・バン・バン、アダルベルト・アルバレスと共に人気を分け合ったレベ・イ・ス・チャランゴン(オルケスタ・レベ)。人気以外でもフアン・フォルメルを始めとした名ディレクターを輩出し、キューバン・サルサのマナーの多くはこのオルケスタから出たと言われているほど重要な存在です。
本作は、レベの70年代の代表曲「SAMA(サマ)」収録の1974年のヒット・アルバムです。1968年のチャングイ68と言われたキューバ東部のチャングイのリズムとロックを始めとした当時キューバで流行していたスタイルをミックスした革新的リズム~スタイルを発展させたサウンドを全編で聞かせてくれています。伝統的なチャランガ・スタイルに、当時世界中で流行っていたエレキ・サウンドもサーフっぽさとソフトロックのメローさ、さらにやはりブラック・カリブの明け透けとした感じに、時折ハッとさせられるアフリカっぽいファンキーさも加わり、混沌としたサイケデリックなサウンドがカッコイイですね~。一度はまるとなかなか抜けられないかも!
なお本CD-Rの音源は、アナログ・レコード起こしのようで、リスニングに支障をきたす程のものでは有りませんが所々プチノイズが聞かれます。あらかじめご了承ください。
(以上、サプライヤーインフォより)


△youtube 表記の1956年というのはいかがなものかと…、もしくは1956年というのはレベ楽団の結成の年を表しているのかも?それはともかく、このレイジーな雰囲気のチャランガ、冒頭曲の “SAMA” イカしてます!

go top