Ky/ OUT OF PLACE


ky2011仲野麻紀とヤン・ピタールによるユニット”Ky “[キィ]~彼らが探る、即興を軸にした音の旅は、現代と伝統の間に揺らぎながら続きます。~09年アフリカラー・フェスティバルにて、ブルキナファソの伝統楽器=バラフォン奏者、ムッサ・ヘマと共演した仲野麻紀は、バラフォンのより深い音を探るべく、ブルキナのバンフォラ現地に赴き、相互の持っている音を共有する「歩み寄り」という方法で “Bala Dee”を発起~10年3月、パリ郊外の街 Guyancourtから、アーティスト・レジデンスとして Bala Dee(木の音、の意)は選ばれ、約3週間の制作期間と、小学校での授業、コンサートを実施~その後フェスティバル等で演奏活動を続け~この秋には来日公演(2011)も実現しました。 その奔放でいながら静謐な、現代と伝統を繋ぐ即興をお楽しみ下さい。

member
Moussa Hema (balafon)
Bachir Sanogo(kamale n’goni,voice)
Gaston Zirko (drums )
Yann Pittard (bariton guitar,oud,fx)
仲野麻紀(sax,metal-clarinet,voice)
1. Ce palot fou(狂わしいキス)
2. Sanjiye(喜びの雨)
3. Uta no niwa(歌の庭)
4. Les courses(かけっこ)
5. Mai kasireta(出発の前)
6. Deni ni kagni(美しい人)
7. Tairyo utaikomi(大漁唄い込み)
8. Onirik pentaphilia(夢のペンタフィリア)
曲解説
1. Ce palot fou/狂わしいキス
仲野麻紀の作曲。
out of placeのアナグラムをタイトルに。
曲の中間では、ムッサによるリズムの
バリエーションを全員で演奏。
最後の子供たちの声は、
仲野がブルキナファソで採録したもの。

2. Sanjiye/喜びの雨
Yann Pittard作曲。Bachir Sanogo作詞。
西アフリカにおいて、
雨が降ることは農作物のめぐみに直結。

3. Uta no niwa/歌の庭
仲野麻紀の作詞、作曲。
文化人類学者レヴィ=ストロースの友人であり、
氏の装丁にも使われたドイツの画家、
アニタ・アルビュスの絵本にでてくるタイトル
「歌の庭」からのタイトル途中フランス語の歌詞は、
2011年、震災、原発によって土地をなくした人々への追悼。

4. Les courses/かけっこ
エリック・サティの作曲。
彼の諧謔的な作風が表れている曲。
yann Pittardによるアレンジ。
スティーブ・ライヒを思わせるバラフォンの音に、
実際の競馬の中継が重なり、テーマに突入する。

5. Mai kasireta/出発の前
moussa Hema作曲。
5拍子のなかでうごめくポリリズム。
本作でのmoussaのソロが聞きどころ。
仲野、ピタールによるアレンジ。
6. Deni ni kagni/美しい人
Bachir Sanogo作曲。
男女関係なく、美しい人(人間)への賛美。

7. Tairyo utaikomi/大漁唄い込み
Folklore Miyagi (north Japan), arr. MN & YP
宮城の民謡。
今年起こった東北大震災への追悼。
そしてアフリカ人達がコーラスで歌うことによる、連帯。

8. Onirik pentaphilia/夢のペンタフィリア
Gaston Zirko作曲。
途中ベルベルのフレーズリズムが出て来たりするが、
基本的には3拍子の上で繰り広げられるポリリズム。

go top