ELEFTHERIA ARVANITAKI / OLA STO FOS


*紙ジャケ MID PRICE 盤で入荷しています(DVDナシ)!
まったく緩慢過ぎる気もしますが、その寡作ぶり(他者アルバムへのゲスト参加は多かったんですけど)も含めて、ここ何年か、新作が期待されていたギリシャ女性歌手アルヴァニターキ、とうとう3年ぶりのスタジオ04年作が届きました!前作のスタジオ録音”エクポビ”で達成した、静謐なPOP路線を推し進めた感じでしょうか…、前作よりも、ギリシャ的な音感が濃くなっているような気もします。バックの作りはループやエレクトロな音感をまぶしたユーロ・ポップ・マナーから、生ギター、珍しくドラム・セットを使用したフォーク・ロック調、民俗的な弦や、ストリングス、アコーディオン等々も使ったトラッド~ライカ・マナーまで、それぞれに多彩です。その多彩さの根拠は、多士済々な作曲家の起用でしょうか~超売れっ子ヴェテランのアンドーニス・ヴァルディスから、ジャズ畑でも活躍して来たニコス・クシダーキス、キプロス出身のアルキノース・イオアニーディス、ヴェテラン女性歌手のディミトラ・ガラーニやプログレチックなマリア・パパドプール等々、名のある作者が並んでいます。それぞれの多彩さを通じて、彼女ならではの静謐な抒情、清々と流れるような歌声が充分に楽しめる内容です。初回限定ボーナスDVDには、メイキング映像&インタビューが収められました。もちろんギリシャ語で/字幕無しですが。

go top