TIRORO / THE BEST OF~ THE GREATEST DRUMMER IN HAITI


「アフロ系パーカッションのバイブル」が価格を改め再発!

2002年にライスからリリースされた本作を、この度価格を改め再発することにいたしました。
2011年に亡くなった音楽評論家中村とうようさんが主宰され、世界のすばらしい音楽を独自の視点で紹介してきたレーベル“オーディブック”から1994年に当初リリース。後にライスから復刻盤として発売されたのが、ハイチが誇る最高のパーカッショニスト、チローロのベスト・セレクションでした。
チローロは、カリブ海でももっとも黒人比率の高い国ハイチを代表するパーカッショニスト。ジャズ・ドラマーの最高峰マックス・ローチが師と仰ぐほどの偉大な人物で、ハイチ音楽ファンには忘れられない名作であるミニ・オールスターズの『ララ・マン』でも、その名前が連呼されていました。
チローロの録音の多くはSPレコードの時代にフィールド・レコーディングされたものですが、それらはいくつかのLPに収録されたものの、CD化はオーディブック盤まで成されませんでした。それをライス盤としてリリースした際にリマスタリングし、古い時代の録音とは思えないダイナミックなサウンドを再現しました。
音楽の本質であるリズム、ビートの魅力をトコトンまで煮詰めたエッセンス。最高のノリの良さがチローロの音楽の身上で、それは聴き手に至福の快感を与えます。
そんなタイコの神様ともいうべきチローロのこのアルバム『ベスト・オヴ・チローロ』は、パーカッションのバイブルとも言うべき究極の名盤です。すべてのパーカッション・ファン、いやすべての音楽ファンの聞いていただきたいマスト・アイテムとして強力にお勧めいたします。(メーカーインフォより)

やっぱり、世界一のパーカッショニストと呼ぶべきでしょう…、ハイチ~伝説の打楽器奏者=チローロ!そのソロ名演を網羅した1994年リリースbyスープ・レコードの、名作が蘇りました!中村とうようさんによる選曲~長らく復刻されることなく、埋もれていた音源がキッチリ楽しめます!変幻自在=アフリカよりもアフリカ的?とされるハイチでこそ、可能になった個人芸と言えるでしょうか…。

1. Drum Solo
2. Drum Solo
3. Drum Solo
4. Petro-Quita
5. Mascron-Pignitte
6. Drum Solo
7. Drum Solo
8. Moin Tende Youn Canon Qui Tire
9. Ceremony
10. Ceremony
11. Ceremony
12. Ceremony
13. Dambala
14. Juba
15. Fragments
16. Creole Songs
17. Petro

go top