MARTHA FRINTZILA / TRAGOUDA THEMOS SKANDAMIS


martha-frintzilaマーサ・フレンツィラ、随分ヴェテランという感じがする貫禄あるお見かけですが、実はセカンド・アルバム~1972年生まれだそうですから、まだ40歳(もう40歳?)の女優兼舞台演劇講師兼ライカ系女性歌手ということになります。これまで数々の舞台女優をつとめたほか、ハリス・アレクシーウ、エレフセリア・アルヴァニターキ、マリア・ファランドゥーリほかの女声コーラスも務めたて来たそうです。なので、キャリア的にはヴェテランかも知れませんが…、そういうことはともかく、このCD、ホントいい感じの湯加減で、トラッド&ライカ&POPが入り混じり、お見かけよりもやや透明で、レンベーティカ風味も感じさせるマーサ嬢の歌い口が、なんとも気持ち良くこなれた、アコースティックなバックに溶け込んで行くのでした。ジャケに写っている隣の男性がアレンジャー&作詞作曲家のセモス・スカンダーミスで、イイ感じのチームワークが見て取れます。もしかして彼氏かも?



go top