TARTIT / ABACABOK


TARTIT06タルティットは、マリの北部~サハラ砂漠のノマド(放浪の民/遊牧民)=トゥアレグの女性歌手たちをフィーチュアーした9人編成のグループで、マリからの独立運動によって生じたトゥアレグ難民キャンプにおいて1995年に結成されたとのこと…。~ティナリウェンに続く、“砂漠のブルース”本家本元トゥアレグ系ユニットのニュー・カマーということになります。驚くほど響く手拍子・変拍子の音頭系リズムに乗せて、ソロ&コーラス/コール&レスポンスで歌われるヒリヒリとした砂枯れ女声歌、グンブリ or シンティールにも似たテハルデンの弦音グルーヴに、イムザド(一弦ヴァイオリン)や、ティンデ(片面太鼓)、そして生ギター演奏が絡み、ひっきりなしにユーユー(喉笛)が鳴らされます。サハラ生音トランス一直線、ですよ。

go top