EZGI KOKER / SADE


ご要望が絶えません。
〜当店のトルコものベストセラーです。

トルコ女性歌手の充実作連発レーベル、カランの新譜は、エズギ・キュケル28歳の古典歌謡デビュー作です。そのタイトルは“シンプル”!両親はともに音楽家(サズ奏者のエロール・クケル&ハルク~タンゴ系女性歌手のセヴィン・セチュキン)ということで、音楽から生まれたような女性ですが、お顔も清楚で愛らしい!長らくラジオや音楽教育の現場で活動して来た人らしいんですが、満を持してのデビューCDとなったようです。慈しむような歌い口、深みのある歌い口、柔らかに揺れるメリスマが、自ら奏でるウードや、カヌーン、そしてチェロ等からなるシンプル&古風なシャルク・マナーのバッキングに実に映えています。こちらもまた、古典系若手女性歌手ラッシュの続くトルコ歌謡シーンにおいて、注目すべき本格派若手女性歌手であることは確か(古典歌謡で28歳は若手)です。オススメできます。というか、個人的にはもう本年度ベスト10入り間違いなし!
なおMM誌2013年4月号輸入盤紹介欄/by深沢美樹さんの文章によれば、本作にで聞ける曲の並びは、1865年生まれの作曲家イスマエリウ・ハッキ・ベイはじめ、あのタンブーリ・ジェミル・ベイの師匠筋としても有名な、タンブーリ・アリ・エフェンディの曲など、19世紀のオスマン音楽の流れを汲んだ曲も取り上げているということで、選曲からして新人離れしている女性歌手じゃないでしょうか。
その後、>こちら、インジェサスの作に参加していましたが、その後、新譜が出ていないのが、残念ですが…、待ちましょう!

▽参考

go top