PASTORITA HUARACINA / NUESTRO TESORO


pastorita-iempsa1940~60年代を中心に大人気を誇り「ペルー・フォルクローレの女王」といわれたウァイノ女性歌手=パストリータ・ウアラシーナのイエンプサ盤アルバム複刻CDです。声から判断して中期頃1960~70年代の録音ではないでしょうか。ペルー北部のアンデス地方アンカシ地方出身で、8歳で首都リマに移り住み12歳から人前で踊ったり歌ったりし始めたそうです。そして故郷のウァイノやチュスカーダをラジオやレコードの普及と共に国中に広めました。ポピュラー音楽としてのペルーのフォルクローレの最初期のスターの1人といえる歌手ということになります。歌詞にはアンデスの民の自由と権利などプロテスト的な内容も多分に含まれていたようで、そうしたことも彼女に人気に拍車を掛けていたそうです。パストリータの魅力はなんと言っての伸びやかな声とそのリズム感、そしてその中に潜む可愛らしさではないでしょうか。ギターなど弦楽器、笛、ヴァイオリン、パーカッション、時にブラスといったペルー・アンデス音楽ではお馴染みの楽器のアンサンブルがインディヘナ特有の哀愁の音階を使いつつリズミカルにアンサンブルを奏でる中、軽快に何の飾り気もなく素直に歌われるパストリータのうたは、文句なく楽しいものです。(サプライヤーインフォより)

go top