FRANCO & TPOK JAZZ / GUITAR HERO


franco-guitarheroフランスのレーベル“カントス”によるフランコ・コンピレーション盤。煌びやかなギター、力強い歌声、躍動するリズム、そしてなにより楽曲そのものの完成度の高さは、コンゴ音楽がもっとも豊かな音楽性を持っていた時期を象徴するものでしょう。初CD化はおそらく9曲中シングル盤音源の2曲のみ、が、近年リリースの欧州盤ベストCDとはダブリ無し、フランコのギター・プレイが堪能できる曲を並べようという編集になっているところがミソでしょう。1966年録音が1曲、ほか70年代半ば前後、完成期の録音中心の選曲ということで駄曲はありません。自在でいて重心の座ったコンゴ系ギターの頂点を堪能できるCDです。

go top